家の経年劣化にみる背骨・骨盤のズレやゆがみ

2014年04月25日

こんにちは!
甲斐整骨院帯山院です。

最近日中の気温が上がると
少し汗ばむようになりましたね。

新緑が眩しい季節となり、
さわやかな風が吹くと
木々の間を木漏れ日がやさしく揺れ
清々しさを覚えます。

さて、話題は少し前にさかのぼりますが、
4月の消費税導入前に
「駆け込み需要」が盛んにおこなわれましたね。

身近なものでは、食料品や日用雑貨、
大きなものでは、電化製品や家のリフォーム・買い替えに至るまで
増税前に少しでも節約をと、
奔走された方も多いのではないでしょうか?

実際に私の友人にも
築10年以上の家をリフォームした人がいました。
確かに家も10年以上経つと劣化が進み、
基礎と土台のズレが起こったり
柱のゆがみが生じたりします。

これを人間の体に当てはめてみると
土台部分=骨盤、柱部部=背骨にあたります。
もし、家をこのような状態で放置したままにすると
やがて壁にヒビが入り、家が傾き
「いつか倒壊するのでは?」
という不安も出てきます。

骨盤のズレや背骨のゆがみが起こると
人間の体では、周辺の筋肉や組織に影響が起こります。
つまり、それが肩こりや腰痛の原因です。

甲斐整骨院帯山院では、
骨盤のズレや背骨のゆがみを整えることにより
その効果を即実感いただけます。

肩こりや腰痛の改善、
ポッコリお腹の解消にも効果があるので
上記にお悩みの方は、
当院の背骨・骨盤矯正
身体の変化や痛みの改善を
その場でご実感下さい!

熊本帯山甲斐整骨院ページトップに戻る