梅雨時期の体調不良は手技治療で改善!

2014年05月23日

皆さんお元気ですか?
甲斐整骨院帯山院です。

先日気象庁より本年度の梅雨入り予報が報じられましたね。
発表によると、沖縄は昨年より4日早く
奄美は昨年より1日遅く、平年差は+-ゼロ!

九州南部の梅雨入り速報はまだ報じられていませんが
昨年は5月27日に梅雨入りし、
平年は5月31日に梅雨入りしたことから
5月の終わり頃ということでほぼ間違いなさそうです。

さて、皆さんは「梅雨」と聞いてどのようなイメージを持たれますか?
ある企業が行ったアンケート調査によると
「わずらわしい」「ストレスが増大する」といった
回答者の実に7割以上がネガティブなイメージを持っていることがわかりました。

ジメジメとした梅雨時期は屋外の行動を制限されることから
どうしてもテンションも下がり気味になってしまいますね。
しかも、梅雨が与える影響とは心だけでなく、体調にも及ぶようです。

「なんとなくダルい」「身体がむくむ」「頭や関節が痛い」
これらは、梅雨時期の湿度が原因と言われる症状です。
これは、人体の約6~7割が水分でできているのに対し
梅雨時期は、湿度のせいで8割~9割にまで増えます。

つまり、湿度が上がると体内も高湿度になることから
代謝機能がうまく働かなくなります。

甲斐整骨院帯山院では、
手技治療を中心に、全身の血液の循環を良くし
代謝を良くします。
また、代謝が良くなることで余分な水分も排出されますので
水分過多による体調不良が改善します。

目前に迫ったいや~な梅雨の時期も
気持も、健康も、上向きに乗り切りましょうね!

熊本帯山甲斐整骨院ページトップに戻る