気圧低下時の体調不良

2014年08月22日

こんにちは。
甲斐整骨院帯山院です。

皆さん、お盆休みはどのように過ごされましたか?
全国的に悪天候でもあり、交通機関の乱れもあったため
予定を余儀なく変更された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

過去に遡っても、お盆の時期の
花火大会や夏祭りの中止が相次いだといった前例は
あまりないように思います。

ところで、お盆休みの帰省で久々に会った
親戚の子どもですが
せっかくの帰省も、悪天候による
気圧の影響か、喘息の発作が出てしまい
とても辛そうでした。

そんな時は、硬直した骨盤と胸椎を矯正することで
症状が改善されます。

また、気圧の低下時に
人体にどのような変化が起こっているかというと
体全体が膨張します。

つまり、皮膚、皮下組織から筋肉、血管まで
ゴム風船でいう、ぱんぱんに空気が入った状態で
そのため、「むくみ」が起きやすくなります。

甲斐整骨院帯山院では、
こうした「むくみ」に対して
マッサージで血行を良くし
体の末端まで血液を循環させることで
むくみを解消します。

悪天候時の頭痛、イライラ、食欲不振、
アレルギーや持病の悪化が起こる方は
甲斐整骨院帯山院にお越し下さい。
その症状、意外な原因からかもしれませんよ!?

熊本帯山甲斐整骨院ページトップに戻る