甲斐整骨院の宝物

2015年02月23日

こんにちは!熊本市甲斐整骨院帯山院です。
2月12日のTV番組で歴史ミステリーを観ました。
熊本城、熊本大学が写しだされ、細川家と織田信長の手紙のやりとりについての話がありました。
かつて熊本城主がお城に住んでいたものだと思っていましたが、
熊本市国際交流の辺り、花畑屋敷を造営して住んでいたとのことでした。
当時で59通の手紙のやりとり、車も無く山や海を超えての文通は大変だったでしょう。
500年を過ぎた今の時代にはメールやラインで簡単に文章を送れます。
しかし、どんなに時が過ぎても手紙はすたれないでしょう。
甲斐整骨院の宝物の手紙は患者様の声です。
感想を書いて頂くと、とても有難く、励みになります。
通院して、卒業されるのもよし、メンテナンスのために定期的に通って頂けるのも嬉しい限りです。
患者様の声を読むと症状により、個人差があるのは肩コリです。
数回の施術で改善するものと、かなり通院しないといけないものがあります。
五十肩は症状により、通院が長い場合がありますし、
当院は肩、そのものだけではなく全身のバランスもみることにより、
痛みそのものを根本改善します。
肩コリは様々な症状があります。
一言で肩コリとくくらずに、手紙(患者様の声)を読んで、
是非、来院を御検討ください。

熊本帯山甲斐整骨院ページトップに戻る