骨折かどうかは整骨院で分かります

2015年03月9日

こんにちは!熊本市甲斐整骨院です。

突然ですが問題です
足がぐきってなってしまった。
痛いけれど、
骨折なのか、打撲なのか、捻挫なのか微妙だなあというときがありますね。
そういうときは熊本市甲斐整骨院です。
炎症が起きていたらアイシング、
場合によってテーピングで固定してします。

骨折している場合は触診で分かりますので、
整形外科へ紹介状を書きます。
だから、骨折、打撲、捻挫などのお悩みは
熊本市甲斐整骨院へ駆け込んで来て頂くのが正しいのです。
ほねつぎと、昔整骨院で呼ばれたように、
骨折、打撲捻挫などは整骨院の得意分野で、
整復という言葉通りに整えて行きます。

整形外科で骨折、打撲捻挫を告げられた方も、
リハビリは当院がおすすめです。
特にスポーツで怪我をされた方の
一刻も早くスポーツに復帰したいという思いは、
誰しもかなり強いものでしょう。
ギブスでの固定期間が長いと、
ギブスをしている箇所の筋肉は弱まり、
その部分を庇う分、日常動作がスムースではありません。
それだけではなく、手足を骨折すると普段とは違う動きを強いられるので、
普段はこわばらない筋肉が強張ったり、他にも痛い部分が出てきます。
筋肉の深部の痛みにはハイボルテージを用い、
強張った筋肉は手技で整えます。
お子様の怪我も是非、甲斐整骨院熊本院へお越しください。

熊本帯山甲斐整骨院ページトップに戻る