MRIで写らない頭痛・肩コリ

2015年07月10日

こんにちは!熊本市甲斐整骨院帯山院です。
暑くなってきましたね!
今週の天気は30℃前後。
曇りの日が多いとはいえ、かなり蒸し暑くなりそうです。
熱中症指数も発表されている昨今、
曇りや雨でも熱中症は起こすので注意が必要です。
室内でも熱中症は起こりますので、
こまめな水分補給を心かけたいです。

今日はMRIでは写らない頭痛についてお話します。
頭痛は遺伝や体質だと思っている方も多いのですが、姿勢不良と関連があり、
骨盤のゆがみ、猫背、ストレートネック、
などの要因が挙げられます。
体の土台、足首や骨盤がゆがんでいると身体全体がゆがみます。
体はゆがんだ状態でバランスをとろうとするので、
足首や骨盤のゆがみが原因で背骨や首もゆがんでしまい頭痛になるのです。

MRIで異常ナシと言われた頭痛は骨盤のゆがみから、
背骨がゆがみ、肩の筋肉がこわばって緊張することで自律神経や血管を圧迫して痛むことが原因です。

わたし、肩こりはないけれど頭痛があるんです!と話される方もいます。
肩コリはものすごく個人差のある症状で、
肩が、がちがちに固まっていても肩がこっていないと感じる方から、
少し肩が固くなった状態でものすごく肩がこっている方まで様々です。

頭痛、肩コリの原因の大半はMRIに写らない筋緊張性のものですので、
熊本市甲斐整骨院帯山院で解消しましょう。

熊本帯山甲斐整骨院ページトップに戻る